スパでリフレッシュ

スパでリフレッシュ

ダイエットスポーツクラブの中には、スパ施設が併設されているところもあります。トレーニングや筋トレでかいた汗を洗い流せるので、すっきりとした気持ちで帰ることができます。仕事帰りなど、あとは家に戻るだけ、という男性などは便利でしょう。

スパといっても、その内容は施設によって異なります。大きなジャグジータイプの浴槽から、天然温泉を引いたお風呂、さらには電気風呂や炭酸泉など、まるでスーパー銭湯に遊びへ来たような楽しさがあります。スポーツクラブを選ぶ一つのポイントとして、スパ施設の内容が重要という方も少なくありません。

より汗を流したい、と考えている方には、サウナ併設のスパというのもおすすめです。水風呂との組み合わせで、心も体もリフレッシュできるため、トレーニング後の利用にも最適です。日ごろの疲労などでなまった体を蘇らせたい、なんて思う人にもよいでしょう。

また、スパを利用することで体の筋肉をほぐし、翌日の筋肉痛を和らげる効果も期待できます。慣れない筋トレのあと、仕事への影響が怖いと感じる方も少なくないでしょう。そんな時こそ、スポーツクラブのスパで血行を良くさせ、体への負担を少しでも減らしてみてはいかがでしょうか。


短期間で集中

スポーツクラブでトレーニングのメリットとして、短期間で集中ができる、というのが挙げられます。ランニングやサイクリングなど、手軽に行えるものも良いですが、どの部分をどれだけ絞りたいのかがハッキリしているのであれば、一度通ってみるのもよいでしょう。

例えば、腕の筋肉が衰えた、と感じているのであれば、ダンベルを使ったトレーニングがおすすめです。とはいえ、どれくらいの重さがベストなのか、というのは素人では判断するのも難しいでしょう。そんな時は、スポーツクラブのスタッフやトレーナーに相談することで、自分に見合った筋トレアイテムを見出すことが出来ます

また、足の筋肉を付けたい、持久力を見につけたい、という場合には、ランニングマシーンやプールの利用もよいでしょう。どちらも一般的なスポーツクラブであれば設置されているものなので、筋トレの導入編として行ってみるのもおすすめです。

背中の筋肉を付けたい、という場合には、ラットプルダウンを利用してみてはいかがでしょう。普段なかなか鍛えられない部分ですが、専用の筋トレ器具を使えば、無理なく短期間で筋肉をつけられます。ただし、正しい姿勢で行わないと、うまくトレーニングが行えないため、初めて使う器具についてはよく聞いてから利用しましょう。


理想の肉体を手に入れる

スポーツクラブに通う理由は人それぞれ違います。その中でも、モデルやスポーツ選手のような、理想の肉体を手に入れたい、という人も少なくないでしょう。

一般的なダイエットや筋トレだけでは、肉体改造というのはなかなか難しいものです。特に過度な食事制限や無理な運動を行ってしまうと、リバウンドなどでかえって太るなんてことも少なくありません。大事なのは継続して行うことであり、自分自身のライフスタイルに馴染むようなトレーニングが求められます

その点、スポーツクラブで行う筋トレやプールトレーニングなどは、仕事帰りにさくっと行えるなど限られた時間でも効率よく行えるためおすすめです。特に普段は運動から程遠い、デスクワークで働く方にはうってつけでしょう。

また、スポーツクラブでの筋トレと合わせ、プロテインやサプリメントの摂取を行う事で、より理想の体型に近づかせることも可能です。少々お金がかかってしまいますが、自分の体に帰ってくるものと考えて購入すれば、さほどサイフにも痛手とならないでしょう。もちろん、トレーニング同様、無理な購入は逆効果を招く原因にもなるため、トレーナーや周りの人に聞きながら購入を検討するのが大切です。


スポーツクラブで筋トレ

筋トレを行うスポーツクラブでは、日ごろなまりがちな肉体を鍛えられる、筋トレ施設が充実しています。上半身の筋肉作りに最適なメニューや、手軽に行えるダンベルなど、その人に合ったトレーニングが出来るので、初めて利用する人でも安心です。また、ウエイトの量を調整することで、その日の体調に合ったトレーニングも出来ます。

スポーツクラブにおける一般的な筋トレ方法として、ベンチプレスが挙げられます。主に上腕三頭筋などを鍛えたい人におすすめです。専用のバーベルが必要なトレーニングでもあるため、自宅ではなかなか行えない筋トレメニューですが、スポーツクラブでは十分な広さと施設が兼ね揃えられているため、いつでも手軽に行えます。

ベンチプレスを行う際に注意したいのが、無理な重さのバーベルを使用しないことです。短い期間で筋肉を付けたいと、自分が持ち上げられないような重さに設定してしまうと、かえって筋肉を傷めてしまう原因にもなりかねません。最初のうちは体への負担を少ない重さからはじめ、少しずつレベルアップさせていくのがよいでしょう。

ある程度筋トレに慣れてきたら、ダンベルベンチプレスをしてみてはいかがでしょう。フリーウエイトと呼ばれるトレーニングなため、筋トレでの正しいフォームが求められます。その反面、部分的に集中して筋肉をつけることができるため、部活やスポーツなどで自分の理想とする体型に仕上げたいという方にうってつけといえます。